​>

​>

アイコンリボン食育.png
食育画像01.png
シェフのつぶやき

梅雨の季節がやってきました。雨の日が続くと外で遊ぶ機会が減り、食欲が落ちたり、体力が落ちたりすることがあります。また、食中毒が発生しやすい時期でもあります。食中毒予防と体調管理に気を付けて過ごしましょう。

6月は食育月間です。

「食育月間」は、豊かな人間性を育み、生きる力を身につけることを目標に設けられました。「朝ごはんは元気のもと」「食べ物が食卓に届くまで」を知り、「ごはんを作ってみよう」「いただきますで楽しい食卓」を実践してみましょう。また食に関わる絵本を読んだり、親子で料理を楽しんだりと、6月にはぜひご家庭でも、食に関心をもつための取り組みをしてみてはいかがでしょうか。

6月4日~6月10日は「歯と口の健康週間」です。

噛むことは食べることの原点です。この機会に自分の食べ方を見直してみましょう。歯と口の健康のために、カルシウムの多い食品や噛みごたえのある食事を取り入れるなどして、食事の際には、しっかりとよく噛んで食べるように心掛けましょう。一口15~30回噛むことを目標に、落ち着いてゆっくり食事をしましょう。お子たちに30回噛むように言っても、食べ物が軟らかすぎたり、細かく切りすぎたりしていると、30回噛む前に飲み込んでしまいます。お家でお子たちの料理を作られる際には、「栄養」に加えて「噛む」ことを意識してみてください。

食中毒に注意

高温多湿となるこの時期は、食中毒を起こす菌が繁殖しやすくなります。回避するには、菌を「つけない、増やさない、殺菌する」が原則。お弁当を作るときには、しっかり手洗いをして調理器具を殺菌しましょう。おかずは、生ものを避け、容器に詰めたら、粗熱を取ってから蓋をします。熱いまま蓋をすると、水分がこもって菌が繁殖しやすくなります。

<家庭でできる食中毒対策>

(1)買い物をするときは、消費期限を確認する。

(2)冷蔵庫でなまものを保存するときは、ビニール袋などに入れ、他の物と区別する。

(3)手洗いをしっかり行い、調理器具もこまめに洗う。

(4)加熱調理が必要な食品は、必ずひと煮立ちさせる。

(5)残った食材や料理は、早く冷えるように小分けにして保存する。

家庭でもちょっとした対策をすることで、防ぐことができます。ぜひ実践してみてくださいね。

簡単おやつのレシピをご紹介します♪
いちごタルト風トースト 

材料(2人分)

食パン 2枚、いちごジャム 大さじ2、マーガリン 4g、ピザ用チーズ 5g

作り方

①ジャム、マーガリン、ピザ用チーズを混ぜ合わせる。

②①を食パンに塗り、160℃に予熱したオーブンで5分ほど焼く。